山聲(やまびこ)山旅

琵琶湖の東岸、彦根をベースキャンプにしたハイキングや旅行、古寺探訪など、時々の移ろいをカメラで切り取ります
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
陶器の町の陶器神社
信楽は日本六古窯の一つです
狸の置物で広く知られています
「愛宕山」は全国各地にあり、wikipediaによると126座掲載されています
それ以外にも編集子が山行した二座などを考え合わせると
もっとあると考えられます
火伏せ・防火に霊験のある「愛宕神社」との関連があり
歴史ファンならずとも
明智光秀の本能寺の変でおなじみの山であり神社です
信楽にも、この本能寺の変に関連した施設があり、それが紹介の陶器神社です

本能寺の変に際し、堺で「信長討たれる」の報に接した徳川家康は
決死の想いで伊賀越えを決行します
その途次、この信楽の地:多羅尾の小川城にて、束の間の休息を取ります
そのおりに、この陶器神社(愛宕神社)に「無事」を祈願したとつたわります
なお、この時の城主:多羅尾氏は、豊臣秀次の粛正に連座し、知行を没収されています

徳川江戸開幕の際、本能寺の変の際の小川城主:多羅尾氏は、多羅尾地域の代官に引き立てられ
陶器神社(愛宕神社)の御分霊が東京芝の神社に祀られ、現在の礎を築いたともいわれます

そんな、陶器神社を訪れてみました


信楽駅、右側に信楽の代名詞:巨大タヌキ
徳川家康の代名詞:タヌキおやじを連想すると、信楽との御縁もかくありなん・・・・



信楽駅舎、タイルがふんだんに使われています、駅舎の銘盤も定礎盤も陶器製



信楽駅舎のそばの陶器製モニュメント



駅から愛宕山に至る大戸川支流:信楽川沿いの歩道にも陶磁器がふんだんに・・・・


陶器・愛宕神社参道、鳥居も陶器製



陶器神社の説明版、ここに陶器神社と徳川家康のくだりが・・・・



陶器・愛宕神社社殿



陶器製の狛犬



陶器製の灯篭



陶器製の扁額








歳時記 | 11:53 | comments(0) | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.